Goro Hashimura  ×  Kazuhiro Shida

 

STUDY GROUP   DOUBLE TOKYO 

2018.09.09

Memorial Lecture

Report

 

Medical Corporation

ODC

​橋村 吾郎

2001年にインプラント治療を開始。

インプラント治療、審美治療、咬合治療に力を注ぐ。

独自のテクニックとノウハウを構築。

不可能を可能にするDr.GOROの確かな治療技術を求め

海外から来院を希望する患者も多い。

日々進化するインプラント治療技術を積極的に取り入れ

​さらに改良を加え成果をあげるのがDr.GORO流。

Dr.goro

hashimura

“ Message ”
インプラントは患者のQOLを高める為の素晴らしい治療オプションである。
治療の結果、患者を不幸にするような事はあってはならない。
希望に満ちた患者の期待に応える為に、補綴主導、患者主導の
正義のインプラント治療を広めていきたいと考えております。
『患者の為に、良い治療がしたい』
このシンプルな思いを大切に、共に研鑽を積んでいきましょう。
 
 

​志田 和浩

Dt.kazuhiro

shida

日本の歯科技工は、この男の存在なくせいて語れないだろう。

歯科技工士の立場から歯科界に鋭く切り込む。

​常に患者目線で仕事を進める妥協を許さない姿勢は

真に『匠』の域に。

ノーベルバイオケアプロセラインストラクターとして

​技工士の育成に力を注ぐと共に

日本全国での講演活動をはじめ、アジアで活躍中。

 

Study Group DOUBLE TOKYO

最高顧問  Dr.山﨑長郎

Masao Yamazaki

原宿デンタルオフィス院長

東京SJCD最高顧問 / SJCDインターナショナル会長

MISSION

インプラント治療は補綴主導で行われるべきである。

診査診断、治療計画の立案、デジタル解析による3Dプランニング、

インプラントポジション、マテリアルや補綴システムの選択等は、

外科サイドと補綴サイド両側面を考慮し、術前に決定されるべきである。

エビデンスに基づき、患者を確実に幸せにする事の出来る、次世代のインプラント治療を追求する。

インプラント治療の成功は、歯科医師・歯科技工士、

さらに歯科衛生士等のスタッフ間の密な連携の上に成り立つものである。

歯科医師中心のスタディーグループが主流である中、
我々はセオリーに囚われることなく、治療に関わる最新の技術・情報を、

インプラント治療に関わる全ての皆様と共有できる場所を提供する。

インプラント治療を中心に多分野のエキスパートと皆様を繋ぐHUB的な役目を果たし、

包括医療を実施する事の出来る歯科医師を育成する。

 
Contact Us
DOUBLE
TOKYO
事務局
お問合せ
DOUBLE TOKYO 事務局

〒104 - 0061

東京都中央区銀座2-8-12ユニデン銀座ビル3F

©2017-DT